鏡台を現代のライフスタイルに合わせてリデザイン

展示会に出品するにあたり日本の嫁入り道具のひとつ、鏡台を現代のライフスタイルに合わせて設計しました。座卓ではなく椅子に座って化粧をし、最小限の大きさと収納、リビングや寝室に置いてもインテリアを損なわないシンプルな形。海外では重箱のようだと、シンプル、機能性を備えた点を評価されました。

STAY CONNECTED

  • Instagramのアイコン
  • Facebookのアイコン
  • elloのアイコン
  • Flickrのアイコン
  • YouTubeアイコン