ルーブル美術館 800年の歴史




現在ルーヴル美術館として使用されているルーヴル宮殿は、12世紀にカペー朝第7代のフランス王フィリップ2世(在位1180年 - 1223年)がルーヴル城を防衛要塞として建設。円筒形で、径約15メートルのドンジョン(主塔、天守)の周囲に方形の城壁(約78×72メートル)を巡らした要塞は、20年余の歳月を要して完成した。


ただし、ルーヴル城が、既に存在していた別の建造物を増改築した要塞だったのか、一から建てられた要塞だったのかどうかは伝わっていない。

当時のルーヴルは宮殿ではなく要塞であり、建物の大部分が牢獄や人質の監禁場所にあてられていた。


後のナポレオン3世の時代、1866年に発掘調査が行われているが、本格的・学術的な発掘調査が行われたのは1984年〜1986年のことである。また、1991年に発掘された城壁の一部は、地下のショッピングセンターの大ホールで一般に公開されている。



ルーヴル (louvre)の語源については諸説あり、12世紀後半のパリで最大の建築物だったことから「偉大な」を意味するフランス語「L'Œuvre」からという説、森の中に建てられたことから「オーク」を意味するフランス語「rouvre」からという説、フランスの古い百科事典「ラルース百科事典」の「狼狩り」と関係するラテン語「lupus」が変化し、ビザンチン帝国で使われていたラテン語「lupara」から派生したという説などがある。



12世紀

カペー朝第7代のフランス王フィリップ2世(在位1180年 - 1223年)がルーヴル城を防衛要塞として建設。円筒形で、径約15メートルのドンジョン(主塔、天守)の周囲に方形の城壁(約78×72メートル)を巡らした要塞は、20年余の歳月を要して完成した。


14世紀

フランス王シャルル5世(在位1364年 - 1380年)が、建築家レイモンド・デュ・タンブルに命じてルーヴル城を住居へ改修し、「要塞」のイメージが強かったルーヴルを、規模は従来のままで、華やかな「城館」(シャトー)へと造り替えた。


1546年

フランソワ1世(在位:1515年 - 1547年)が、ルネサンス様式の壮麗な建物への改築を決定する。このフランソワ1世が収集した美術品、「モナ・リザ」などが、ルーヴル美術コレクションの中核となる。


1528年

フランソワ1世がルーヴル城のドンジョン(主塔)を取り壊す。


1546年

フランソワ1世が建築家ピエール・レスコに命じて、旧城を取り壊し新たな宮殿を建築する工事を開始。


1547年

フランソワ1世が死去。ルーヴル城の改築は息子のアンリ2世(在位1547年 - 1559年)に引き継がれる。


1559年

アンリ2世の死去


1563年

アンリ2世の死後、その妃カトリーヌ・ド・メディシスが、ルーヴルの西約500メートルのところに新たな宮殿の建築を始めさせた。かつて瓦(テュイル)製造工房があったことから、テュイルリー宮殿と呼ばれるこの宮殿は、フィリベール・ドロルムの設計で、建築が開始され、完成には約1世紀を要した。


ブルボン朝初代のフランス国王アンリ4世(在位1589年 - 1610年)は、旧ルーヴル城の部分を4倍の面積に広げ(現代のシュリー翼に相当)、セーヌ河に沿ってルーヴルと西のテュイルリー宮殿を直接結ぶ、長大な回廊(現在の「大展示室 (Grande Galerie)」)を建設させた。

グランド・ギャルリの建設やクール・カレ(方形中庭)の拡張を含む「グラン・デッサン」(大計画)はアンリ4世の時代に開始されたが、造営は次のルイ13世(在位1610年 - 1643年)の時代にも引き継がれ、その次のルイ14世(在位1643年 - 1715年)もさらなる拡張計画を進める。


1657年

建築家ルイ・ル・ヴォーを中心に、クール・カレ(方形中庭)の拡張、ルーヴル宮殿とテュイルリー宮殿を結ぶ建物の工事が進められた。


1682年

ルイ14世が歴代フランス王が宮廷としていたルーヴル宮殿から、ヴェルサイユ宮殿へと宮廷を移すことを決める。王族が不在となったルーヴル宮殿は、芸術家たちの住居兼アトリエとして提供される。


1747年

美術評論家ラ・フォン・ド・サン=ティエンヌの著作がきっかけで、18世紀半ばに王室美術コレクションを公開展示するギャラリーを設置しようという気運が高まる。


1750年

ルイ15世(在位1715年 - 1774年)がギャラリーの設置を承認しリュクサンブール宮殿*に「王室絵画ギャラリー (Galerie royale de peinture)」を設け、王室コレクションが所蔵する96点の絵画作品を展示することを許可した。ギャラリーは、毎週水曜日と土曜日に一般公開された。


1780年

「王室絵画ギャラリー (Galerie royale de peinture)」が閉館。リュクサンブール宮殿*に代わる王立美術館の設置が国の政策となる。



リュクサンブール宮殿*

サロモン・ド・ブロス設計のピネー=リュクサンブール公フランソワの邸宅を、イタリアからフランス王室に嫁いできたマリー・ド・メディシス(ルイ13世の母)の居城として改築。内装は、彼女が幼い頃過ごしたフィレンツェのメディチ家の居城ピッティ宮殿をモチーフとしている。その後、フランス革命によって当時の主であったプロヴァンス伯(後のルイ18世)が亡命したために国家に摂取された。ナポレオン・ボナパルトが権力を掌握した歴史的な舞台にもなった。



1776年

王室建造物長官で王立絵画彫刻アカデミーにも関わっていたダンジヴィレ伯シャルル・クロードが美術コレクションを拡張し、ルーヴル宮殿を「巨大なギャラリー (Grande Galerie)」として、美術館へと転用する案を提出。

ルーヴル宮殿を美術館へと転用するというこの提案には多くの賛同者が現れたが王室からの許可は下りず、本格的にルーヴル宮殿が美術館として使用されるようになったのはフランス革命以降。


1791年5月

フランス革命(1789年5月5日 – 1799年11月9日)下で、ルーヴル宮殿は大衆に開かれた美術館へと姿を変えた。憲法制定国民議会がルーヴル宮殿を「あらゆる科学、芸術が集められた場所」とする法案が可決。


1792年

ルイ16世が投獄され、ルーヴル宮殿に所蔵されていた王室美術コレクションが私有財産から国有財産になる。


1972年8月19日

市民による美術コレクションの破壊や略奪を恐れた国民議会は、ルーヴル宮殿の美術館化を至急推し進めるという声明を出す。10月には国有財産保存委員会が設置され、美術コレクションを一般展示するための準備が進められた。


1793年8月10日

ルーヴル美術館開館。この日は前国王ルイ16世の処刑一周年に当たる日だった。週のうち三日間大衆に解放されたルーヴル美術館は、大いなる成果であるとして高く評価される。

開館当時のルーヴル美術館には、537点の絵画と、184点のその他の美術品が収蔵されていた。

開館初期のルーヴル美術館には特権を受けた芸術家が未だに美術館内に住んでいただけでなく、絵画の展示方法も全く分類されておらず、「床から天上まで所狭しと」作品がかけられているだけだった。


1794年〜

フランス革命軍が北ヨーロッパ諸国から美術品を押収し始める。


1797年2月

フランスとローマ教皇との和平条約であるトレンチノ条約 (Treaty of Tolentino) が締結されてからは、古代ローマ彫刻などの美術品が、ヴァチカンから押収されてフランスへと持ち込まれる。これらはルーヴル美術館を「国民主権の象徴」たる一流の美術館とすることを目的としていた。


1796年5月

建物の構造上の問題から一時的に閉館。


1801年7月

作品を年代順に配置したうえで新たな照明が追加されて再度開館。

ナポレオン1世(在位:1804年 - 1814年、1815年)がフランスの実権を握り、ヨーロッパ諸国との戦争に勝利し続けたことによって、フランスの美術品コレクションは、諸国からの略奪美術品で溢れかえっていった。


1798年 - 1801年

エジプト侵攻後、ナポレオン1世はルーヴル美術館の初代館長にドミニク・ヴィヴァン (Dominique Vivant) を任命。


1803年

ルーヴル美術館は「ナポレオン美術館」へと改名。スペイン、オーストリア、オランダ、イタリアなどの美術品が収蔵された。これらの美術品は、トレンチノ条約などの和平条約を無視して諸国から略奪された美術品だった。


1815年

ワーテルローの戦いでフランスが敗北し、略奪された美術品の元の所有者たちはその返還をフランスに求めた。しかし、ルーヴル美術館の上層部はこの要求にほとんど応じず、略奪美術品の多くを自分たちのプライベート・コレクションに紛れこませて隠匿しようとした。

返還交渉に憤った諸国は、ワーテルローの戦いで勝利したイギリスに特使を送り、美術品返還への協力を求めた。この結果多くの美術品が返還されたが、そのままルーヴル美術館に残された美術品も存在している。


1815年

ナポレオン1世が失脚し、ルイ18世(在位: 1814年 - 1815年3月、1815年7月 - 1824年)が王位に就いて、王政復古期(1814年 - 1830年)に入る。フランス王ルイ18世とイタリアとの間に、未返還の略奪美術品についての協定が交わされた。


1848年

フランス第二共和政(1848年 - 1852年)が成立すると、共和政府は美術品の修復費用として200万フランを供出し、さらに美術品の展示場所である「アポロン・ギャラリー (Galerie d'Apollon)」、「サロン・カレ (Salon Carré)」、「大展示室 (Grande Galérie)」の完成を推進した。


1858年

フランス第二帝政(1852年 - 1870年)が成立し、ナポレオン3世(在位:1852年 - 1870年)がフランス皇帝になる。


1861年

ナポレオン3世が641点の絵画、古代ギリシアの金貨、ジャンピエトロ・カンパーナ侯爵の美術品コレクション (Campana collection) 由来の古美術品など、11,835点の美術品を購入。


1863年

ハドリアノポリス(トルコ)のフランス副領事であった、シャルル・シャンポワゾがエーゲ海北東に位置する小島、サモトラキで「サモトラケのニケ」を発掘、ルーヴル美術館へと収められた。


1884年

「サモトラケのニケ」がルーヴル美術館の「ダリュの階段踊り場」に展示される。


1869年

美術品収集家の医者ルイ・ラ・カズが583点の美術品を遺贈する。


1870年

20,000点の美術品を新たに収蔵。

「花の展示室 (Pavillon de Flore)」と「大展示室」が、建築家ルイ・ヴィスコンティとヘクター・ルフェル (Hector Lefuel) によって改装された。


1874年

ルーヴル宮殿は現在の構成になる。ほぼ正方形の宮殿本体、中庭 (Cour Carrée) の東に面する最古の建築物シュリー翼 (Aile Sully)、ナポレオン広場 (Cour Napoléon) の北に面するリシュリュー翼 (Aile Richelieu) と、広場の南に面するセーヌ川沿いのドゥノン翼 (Aile Denon) である。


1914年7月28日 - 1918年11月11日 第一次世界大戦

ルーヴル美術館の拡大は、第一次世界大戦後ゆるやかになっていく。重要な作品の購入はほとんどなされていない。


1935年

エドモンド・ベンジャミン・ロスチャイルドにより、4,000点の版画、3,000点の絵画、500点の装飾本が遺贈された。


1939年9月1日 - 1945年9月2日 第二次世界大戦

第二次世界大戦が勃発すると、「サモトラケのニケ」や「ミロのヴィーナス」といった彫刻作品がアンドルのヴァランセ城 (Château de Valençay) へ、「モナ・リザ」などの重要な作品が、ロワール=エ=シェールのシャンボール城へと移された。


1945年初頭

ドイツに占拠されていたフランスが解放されると、各地に分散していた美術品が元通りルーヴル美術館へと戻される。


1983年

フランス大統領ミッテランが推進した「パリ大改造計画 (Grands Projets of François Mitterrand)」の一環である「大ルーヴル計画 (Grand Louvre)」で建物が改築されるとともに、それまでルーヴル宮殿内にあった財務省が移設され、宮殿施設全体が美術館となる。

建築家イオ・ミン・ペイが、ナポレオン広場に設けられた新たなエントランスにガラス製のピラミッド (Louvre Pyramid) を建築する提案を行う。


1989年

ルーヴル・ピラミッド完成。


1993年

地下のカルーゼル・ショッピング・モールに、採光用途を兼ねる逆ピラミッド (La Pyramide Inversée) が完成。


2002年以降

ルーヴル美術館入場者数は、大ルーヴル計画以前に比べて約二倍に増加。


2012年

イスラム美術品を展示する3,000平方メートルの新たなギャラリーが開館。

1989年に設置されたルーヴル・ピラミッド以来、21世紀に入って最初の大きな建造物となっている。


  (C) 2020  SCHOLE. THANK YOU FOR VISITING