IoTとは?




IoT(モノのインターネット)とは、INTERNET of THINGS

https://damassets.autodesk.net/content/dam/autodesk/www/mech-eng-ressource-center/jp/assets/the-essentials-of-iot-for-modern-engineers-ebook-ja.pdf


https://www.apple.com/jp/ios/home/


https://www2.panasonic.biz/ls/densetsu/aiseg/


https://v-ex.jp/


https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00250/042500011/


https://www.mlit.go.jp/common/001297845.pdf


AIスピーカー(スマートスピーカー)


住宅を購入する“モノ”の消費から、住宅での暮らしを楽しむ“コト”の消費に重点を置いている。家づくりで顧客を喜ばすためには、住宅会社も“コト”のフェーズに移らなくてはならない」。その鍵となるのが、IoTの活用だ。


IoT とは何か?


IoT (モノのインターネット)という言葉が業界で一般的になってきていますが、どういう意味でしょうか?

IoTとは、大まかに言うと、スマート製品がつながり合って広がったネットワークを指します。このネットワークは、主要な産業に影響を与え、モノの設計方法、製造方法、使用方法を変化させつつあります。


IoT のはじまり


今日知られている IoT は、1999 年、口紅から静かに始まりました。P&G社の Kevin Ashton 氏は、小売店を訪問すると、P&G社のある色の口紅だけが常に売り切れていることに気が付きました。

口紅の在庫が不足する理由を理解するためにアシュトン氏が考えたのが、商品に RFIDタグ を付け、ワイヤレスルーターでこのタグからデータを収集し、棚にどの商品があるかを小売店に伝えることでした。

「モノのインターネット(IoT)」という言葉は彼の造語で、より高い製品体験の実現を目的としてデータを収集、交換できる、インターネットに接続されたデバイスのネットワークを指しています。IoT は、小売店の棚に限らず広く利用され、産業を根本から変革しようとしています。実際、最も価値の高い IoT の利用は、消費者の領域よりも産業の領域の方に見出されています。

スマート製品メーカーは、米国内だけで約256,363社*あります。それだけ多くの製品が設計され、製造されているということです。

*「Top 20 Facts About Manufacturing」全米製造業者協会


産業向け IoT


産業向け IoT には、工場の機械や産業車両など、企業が商品やサービスを提供するために使用する、すべての製品が含まれます。産業向け IoT (IIoT: Industrial Internet of Things)は、より優れた製品設計、顧客満足の向上、アップタイム(稼働時間)の向上、収入源の増加を実現する新しい機会を切り開きます。


消費者向け IoT


消費者が直接使用する製品はすべて、消費者 IoT の一部です。フィットネス追跡デバイス、スマートウォッチ、家庭用品(Nest サーモスタット や Apple Home Kit など)といった、一部の消費者製品は既に広く使用されています。2016年には、成人の33% が何らかの形のIoTを、家の中で、あるいは着用できるものとして、または車で使用するようになると予測されており、こうした製品群はますます成長が見込まれています。


IoT の仕組み


IoT の仕組みIoT プロセス


IoT の仕組み製品コンポーネント


IoT の仕組みセンサー


IoT の仕組み接続性


IoT の仕組みクラウド


IoT の仕組み外部ソース


IoT の仕組みデータの視覚化


IoT が重要な理由より良い製品、より良い世界


IoT が重要な理由 閉ループ設計

  (C) 2020  SCHOLE. THANK YOU FOR VISITING